肌荒れの原因? 収納のムダ? 【コスメ断捨離】をやるべき理由と断捨離方法とは
Make & Style

肌荒れの原因? 収納のムダ? 【コスメ断捨離】をやるべき理由と断捨離方法とは

みなさん、「コスメの整理」はできていますか?

いつ買ったのかわからないようなコスメや似たような色のコスメ、もう使っていないけど何となく捨てられずにいるコスメなど、捨てる機会がないまま「ただ持っているだけ」のコスメを持ち続けていませんか?

そこで今回みなさんにおすすめしたいのが、「コスメの断捨離」です。

今回の記事では、コスメの断捨離をおすすめする理由注意点捨てる際の判断基準をご紹介していきます。

暇な時間を活用したい人やコスメ収納をしてスッキリしたい人は必見です!


肌荒れの原因はそのコスメかも? コスメを断捨離するべき理由とは

肌荒れ 悩む 女性

コスメの断捨離についてご紹介する前に、なぜコスメを断捨離するべきなのかを知っておきましょう。

この項目では、読めばコスメを断捨離したくなる「コスメ断捨離をするべき理由」をご紹介します。

コスメを断捨離するべき理由
  • コスメの消費期限は1~3年だから
  • 使わないコスメは収納のムダだから
  • 「いつか使う」は使わないから

コスメを断捨離するべき理由① コスメの消費期限は1~3年だから

みなさんは、コスメにも消費期限があるのをご存じでしょうか。

特に、唇や目などの粘膜まわりに使うコスメワンシーズンで使い切るのが理想。

長くとも1年で使い切らなければいけません。

ほかのコスメは、開封から3年が目安です。

それ以上使ってしまうとコスメ自体が変色したり、菌が繁殖したりとさまざまな問題が起こります。

変色したコスメは目に見えますが、菌の繁殖は目に見えませんので、きちんと使用期限を守ることが大切です。

コスメについた雑菌が原因の肌荒れなどもありますので、洗顔を変えても化粧水を変えても肌荒れが治らないという人は、コスメの使用期限を見直してみましょう。

使用期限を過ぎている場合は、勇気を持ってコスメを断捨離するのがおすすめです。

コスメを断捨離するべき理由② 使っていないコスメは収納スペースのムダになるから

使っていないコスメをずっと保存していると、収納スペースが制限されてしまいます

意味もなく収納スペースがごちゃつき、必要なものを取り出すのに時間がかかってしまうことも。

何より、ムダなものが多いことで本当に必要なコスメをなくしてしまったり、管理しきれなくなってしまいます

必要なコスメをなくしたり管理できないことで、新しいコスメを買うはめになってしまう可能性もありますよね。

そんなムダをなくすためにも、コスメの断捨離が必要です。

コスメを断捨離するべき理由③ 「いつか使う」は使わないから

コスメに限らずあらゆる断捨離に言えることですが、「いつか使うかも」と思って残しているコスメは今後も使わないと考えましょう。

本当に必要なものであれば使うシーンがはっきりわかりますし、「使う!」と即答できます。

「今は使ってないけど、もしかしたら使うかもしれないし……」というレベルのコスメであれば、高い確率で使わないまま消費期限が過ぎてしまいます

パーソナルカラーが判明して似合わないと確信したコスメや趣味でなくなったコスメなどはなるべく早く見極め、使えるうちにメルカリに出してしまいましょう。

勢いはNG! コスメ断捨離の注意点

ゴミ箱 入る 女性

コスメの断捨離と言っても、ただバンバンとものを捨てていけば良いということではありません

何であのコスメ捨てちゃったんだろう……と後悔しないためにも、断捨離前にきちんと注意点を押さえておきましょう。

断捨離の注意点
  • 感情が高ぶったまま勢いで断捨離しない
  • 価格を基準にしない

夜中や空腹時などに勢いで断捨離しない

夜中や空腹時など、感情が高ぶったりイライラしているときに断捨離をすると、間違いなく翌朝後悔することになります。

夜中に書いた歌詞やラブレターは次の日に見ると死にたくなると言いますが、断捨離も似たようなものです。

そのときの感情に任せて行動するのではなく、前もって計画を立てたり、さまざまな情報を得てから取り組むことが大切です。

夜中空腹時はもちろん、お酒を飲んでいるとき友達といるときなんかも勢いで断捨離を進めてしまいやすいため注意しましょう。

判断基準を「価格」にしない

断捨離をする上で最大の敵は、「これ高かったんだよな」という気持ち。

もうまったく使っていないのに、高かったからという理由だけでずっと置いておくのは収納スペースのムダです。

デパコスであろうがプチプラであろうが、判断の基準は価格ではないと心に決めて断捨離に取り掛かりましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう

MAKE & STYLE
RANKING

おすすめ記事

RANKING

カテゴリー一覧