「捨てられない」にサヨナラ! おこもり中にしたい断捨離【服編】
Make & Style

「捨てられない」にサヨナラ! おこもり中にしたい断捨離【服編】

ついつい溜まっていきがちな「服」

似たような形や色の服は、毎年何かと増えてしまうものですよね。

そこで、家にいる時間が長い今こそ服の断捨離をしてみませんか?

おこもり期間中にいらない服をきちんと処分すれば、収納が増えたり整理整頓ができたりと良いことづくめ!

今回の記事では、服を断捨離するメリットやポイント、迷った際の判断基準をご紹介していきます。

おこもり中にクローゼットをきれいにしたい人、なかなかものを捨てられない人は必見です♡


なぜ捨てなきゃいけないの? 断捨離のメリットとは

そもそも、どうして断捨離をするべきなのでしょうか。

別に服がいっぱいあるならそれで良いじゃん!とお考えの人もいますよね。

そこでこの項目では、断捨離をするメリットをご紹介します。

断捨離という言葉は聞いたことがあるけど、なぜするべきなのかわからない……という人はぜひチェックしてみてください。

メリット① 収納スペースに余裕が生まれる

不必要な服がたくさん入ったクローゼットはパッと見も汚く、本当に取り出したい服がすぐに取り出せません

不要な服をきちんと処分することで収納スペースに余裕が生まれ、本当に必要なものを素早く取り出すことができます

いつもデート前になると「あのスカートどこ行った!?」と大慌てするそこのあなた!

そんなあなたこそ、断捨離が必要かもしれませんよ。

メリット② ものをなくすことが少なくなる

ものが多すぎると、必要な服が埋もれたり違う場所にしまっているのを忘れたりと管理しきれなくなることも。

断捨離をし、本当に必要なものだけを残すと服や小物をなくすことが少なくなります

実家暮らしなら「お母さんアレどこにやったの~!」で済むかもしれませんが、一人暮らしをしている人やこれからしようと考えている人はそうもいきません。

「自分の持ち物をきちんと管理する」ということが苦手な人ほど、断捨離をするのがおすすめです。

メリット③ ムダな買い物が減りお金が貯まる

クローゼットの中がごちゃごちゃしていると、自分がどんな服を持っているかわからずつい似たようなアイテムを買ってしまいがち

似たようなアイテムを買ってしまい、「前に持ってたのとは素材が違うし、大丈夫でしょ」と自分に言い訳していませんか?

しかし、クローゼットの中がきれいできちんと持っている服を把握しておけば、そういったムダな買い物が自然と減ります

ムダな買い物が減ることでその分のお金が浮き、結果貯金にもつながりますよね。

断捨離をすればクローゼットがきれいになるだけでなく、ムダづかいが減ったりお金が貯まったりするのです。

断捨離はポイントを押さえれば簡単にできる!

断捨離ってただものを捨てれば良いんでしょ?とお考えのあなた。

たしかに断捨離では不要なものを捨てますが、実は知っておきたい「ポイント」も存在するんです!

そこでこの項目では、断捨離を始める前に知っておきたい4つのポイントをご紹介していきます。

ポイント① 一日ですべてやりきらなくてOK

断捨離と聞くと、一日で全部スッキリさせなきゃいけない……とお考えの人もいるでしょう。

しかし実際にはそんなことはなく、必要であれば時間をかけても大丈夫

たとえば断捨離する量が多いのであれば、「今週の土日で上の服、来週は下の服、その次の週はアウターと靴……」という風に分けて取り組んでもOKです。

ただし大切なのは、きちんと期限を守ること。

今週中と決めたら今週中、来週と決めたのなら来週に取り組まないと、「面倒くさい」という気持ちが勝ってしまってズルズルやらなくなります。

「時間はかけてもOK、ただし期限を決めて」を鉄則にしましょう!

ポイント② 迷ったら一度着てみる

断捨離を阻むのは、「捨てるべきか、残すべきか」と悩む時間です。

クローゼットの前でうんうんとうなっていては、なかなか断捨離は進みません。

そこで断捨離をスムーズに行うポイントとして、「迷ったら着る!」を徹底するようにしてみてください。

捨てるべきか迷った服も、一度着てみれば印象は大きく変わります。

思っていたより着丈が合わなくなっていたり、ほかのアイテムと合わせにくいことに気がついたり……。一度服を着てみることで、迷う時間を大幅に減らすことができます。

「迷ったら着る!」、これを徹底してみてください。

ポイント③ いつか着るかも、のいつかは来ない

ものを捨てられない人がいうセリフ、ナンバーワンは「いつか使う(着る)」です。

今は使わないけど使うときが来るかもしれない……と捨てるのを後回しにしてしまう人も少なくないでしょう。

しかし、「いつか使う」の「いつか」は来ません

今使わないものは来年も再来年も使わないのだと認識を改めましょう。

本当に必要なものであれば、今すでに使っているか、使う時期が明確にわかります。

そうでないのならば、その服や小物は捨てるべき時期なのかもしれませんよ。

ポイント④ 無理に捨てない

断捨離というのは、「断つ」「捨てる」「離す」と書きますから、ついつい何でもかんでも捨てなければいけないと思いがち。

しかし、必ずしもそうではありません。

たとえば初めて好きになった人からもらったネックレスや、おばあちゃんにもらった指輪なんかは今年中に着ける予定がなくてもあなたにとって「持っておきたいもの」かもしれませんよね。

そういったものはもちろん捨てなくてOK

断捨離はあくまで不要なものを捨ててポジティブになれる行為です。

「あれ何で捨てちゃったんだろう……」と後悔することのないよう、勢いで無理に何でもかんでも捨てることはしないようにしましょう

この記事が気に入ったらシェアしよう

MAKE & STYLE
RANKING

おすすめ記事

RANKING

カテゴリー一覧