高校生&大学1年生必見!放課後デートのお直し+αメイクテク
Make & Style

高校生&大学1年生必見!放課後デートのお直し+αメイクテク

学生カップルの定番といえば、放課後デート。ウィンドウショッピングを楽しんだり、ご飯を食べながらおしゃべりしたりと、学校帰りに気軽に満喫できるのが放課後デートの醍醐味です。

デートというからには「学校用のナチュラルメイクでは味気ない」と考える女子も多いでしょう。とくに高校生だと服装が制服一択なぶん、デート用にメイクを工夫したいですよね。

しかし、放課後にがっつりメイク直しをする時間もないし、たくさんのコスメを持ち歩くのもかさばる……と悩みもつきません。

今回は、高校生や大学一年生の「放課後デート初心者」必見、お手軽メイクお直しテクニックをご紹介します。


かわいい女子はお肌が命!ベースメイクにプラスするワンアイテムテクニック

女性 フェイスパウダー

気合いを入れすぎず、学校とどこか違う雰囲気を出しやすいのが「ベースメイク」。とくにフェイスパウダーはベースお直しの必須アイテムです。

フェイスパウダーをプラスして放課後でもサラサラ美肌! 

放課後になると、顔のテカリが気になってくる人も多いですよね。

ベタついたお肌では清潔感がなくなってしまうので、フェイスパウダーを使ってお肌をサラサラに整えていきましょう。

お直しの順番
  • ①汗や皮脂をしっかりティッシュオフ
  • ②ミストタイプの化粧水で保湿
  • ③パフもしくはブラシにパウダーを少量取り、くるくるとなでるように乗せる

まずパウダーを乗せる前に、必ず浮いた脂や汗を優しくティッシュオフしましょう。次に化粧水ミストを使った保湿も重要。

とくにこの時期はエアコンの影響で気付かぬうちに肌が乾燥しがち。お直しのステップに保湿を入れると、お直し後のキレイ肌をより保ちやすくなります。

そして最後にフェイスパウダーの工程。付属のパフや携帯用ブラシに少量取り、くるくると磨くように乗せましょう。力の入れすぎは厳禁。あくまでふんわり、なでるようにがポイントです。

innisfree
ノーセバム ミネラルパウダー
¥750

パウダーカラーにもこだわるとより自分好みのキレイ肌に!

お直し用のフェイスパウダーを選ぶとき、「皮脂崩れ」「サラサラ素肌」といった言葉に注目しがちですが、自分の肌悩みや魅せ方に注目して選んでみるのもオススメです。

フェイスパウダー 選び方のコツ
  • 「カバー力が欲しい!」
    →ベージュ系
  • 「色白に見せたい、透明感が欲しい」
    →パープル系
  • 「血色感が欲しい!」
    →ピンク系
  • 「ツヤメイクのままお直ししたい」
    →パール、ラメ入り

キュートに印象チェンジ! アイメイクにプラスするワンアイテムテクニック 

女性 マスカラ

アイメイクはワンアイテムでガラっと印象チェンジ可能なので、デート前に必ずお直ししておきたいパーツ。

具体的にはラメを追加してキラキラまぶたに仕上げたり、アイラインやマスカラを足してより黒目を強調すると男性ウケを狙いやすいです。

クリームタイプの単色アイシャドウで色気あるまぶたに

放課後デートのお直しにオススメなのが、クリームタイプの単色アイシャドウ

初心者にも扱いやすいアイテムです。

お直しのやり方
  • ①まずはティッシュオフ
  • ②アイホール全体に薄く乗せる
  • ③二重幅に薄く重ね塗り

まずはティッシュオフでまぶたをキレイな状態に。次にごく少量を薬指に取り、アイホール全体に軽く乗せます。最後に二重幅に薄く塗り重ねていきましょう。何色も使うことなく、ナチュラルな色気あるグラデーションを簡単に作ることができます。

Borica
美容液ケアアイシャドウ
¥1,600

ポイントは「とにかく薄く乗せる」。目元は瞬きなどでよく動くパーツゆえ、発色を出したいがためにしっかり塗ると、ヨレやすく汚い印象になってしまいます。

ヨレを防ぐためにまずはティッシュオフし、アイシャドウをできるだけ薄く乗せるのがよいでしょう。

間にアイシャドウベースを塗っておくのもオススメです。

ラメやパール入りだとよりデートっぽいまぶたに!

キラキラした目元に仕上げたい人は、ラメやパール入りの単色アイシャドウを選んでみてください。ベージュやブラウンといったヌーディーカラーは必須どころ。

ほかにもピンクイエロー系も可愛くてオススメです。

明るいベージュ系、ピンク系アイシャドウは涙袋にも使えます。下まぶたに乗せることで目元に立体感が生まれ、潤んだようなかわいらしい瞳に仕上がりますよ。 

アイラインを仕込んで印象的なデカ目を作ろう! 

デカ目効果をアップさせたい人は、アイラインをプラスして目元を印象的に仕上げてみましょう。まつ毛の隙間を埋めるように引くと、自然に黒目を強調することができます。

目尻は、なりたいイメージに合わせて変化をつけるのがおすすめ

ナチュラルに仕上げたい人はインラインを引き、かわいい系に仕上げたい人は、目尻を下げ気味に描いてタレ目風にしてみてください。 

ちょっぴり色っぽく勝負したいなら、目尻をハネ上げたキャットラインに、ピュアな印象を与えたいなら、黒目の上だけ太めに引いて瞳を強調してみると良いでしょう。

あなたがアイラインで作りたいイメージはどれ?
  • カジュアルファッションに合わせたい
    →インラインのみ
  • 甘めで可愛いぴえん系
    →目尻に下げて引く
  • 色気を出したい、今日キメたい!
    →目尻跳ね上げキャットライン
  • 元から可愛い無印風ピュア系
    →黒目の上だけ

また、高校生だとブラック強めのアイライナーは制服とちぐはぐな印象に……。ブラウン系のアイライナーでできるだけナチュラルに仕上げるのがオススメです。

同級生の彼にも、年上の彼にもウケ抜群の柔らかい印象にまとまりますよ。

ラブライナー
ラブライナー リキッド
¥1,600

くるんとカールさせたまつ毛でぱっちりキュートな目元に! 

愛らしいぱっちり目に仕上げたい人は、マスカラをプラスしてくるんとカールしたまつ毛を作りましょう。まつ毛をきちんと上げることにより、より目を大きく見せることができます。

まずは、ビューラーでまつ毛をしっかりカールさせてください。目頭から目尻の方まで、丁寧にまつ毛を上げていくのがポイントです。

マスカラは、ボリュームタイプより、ロングタイプやカールキープタイプがおすすめ

とくに高校生はガッツリマスカラだとケバい印象になりがちなので、下でご紹介するような「めっちゃ長くてキレイだけどパッと見自まつげっぽい!」マスカラを放課後デート用に探しておくのがよいでしょう。

WHOMEE
ロング&カールマスカラ
¥1,500

CANMAKE
クイックラッシュカーラー
¥680

よりナチュラルに仕上げたい場合は、マスカラ下地やクリアマスカラを使ってカールをキープさせると良いでしょう。

自まつ毛が少ない人は、つけまつげを使ってパッチリ目を作るのも一つの方法。部分つけまつげで気になるポイントだけプラスするのもいいですし、透明軸タイプなら仕上がりもナチュラルです。

マスカラを塗り重ねるより自然な仕上がりになるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったらシェアしよう

MAKE & STYLE
RANKING

おすすめ記事

RANKING

カテゴリー一覧