「可愛い」と「キレイ」のギャップを作れ!定番5アイテムデートメイクテクニック
Make & Style

「可愛い」と「キレイ」のギャップを作れ!定番5アイテムデートメイクテクニック

片思い中の女性は、少しでも彼に好かれたいと試行錯誤するもの。好きな人と念願のデートにこぎつけた際には、彼好みの雰囲気に変身して彼のハートを掴みたいですよね。

服装や髪型は男性も明確に好みを持っていることが多いので、選択肢を絞りやすいですよね。しかし、メイクは「こういうのが好き!」と具体的な好みを持つ男性が少ないです。当日どんなメイクにすべきか、女性ならだれしも一度は悩んだことがあるものですよね

今回は近所のドラッグストアで手に入る”5つ”のコスメを、デートの定番「可愛い」と「キレイ」2つの印象に使い分けるテクニックをご紹介

彼好みのメイクを考えるときは、まず彼好みの服装を準備し、それに合わせるのが外れなくオススメです。男性が好む女性のファッションは人それぞれ違いますが、大抵は「可愛い系」か「キレイ系」の2つに分類できるはず。

好みに合わせた服装を準備した後、それが「可愛い」なのか「キレイ」なのかを見極め、手持ちのメイクアイテムで雰囲気を寄せていくと、自然に彼好みの外見を作ることができますよ。


excel「リアルクローズシャドウ テラコッタブーティ(CS01)」

excelの「リアルクローズシャドウ」は、粉なのにしっとりとした、リッチな質感が評判のアイテム。微細なカラーパールをたっぷり配合し、重ねるほど美しいツヤを演出してくれます。

1000円台とお手頃ながら「粉質がまるでデパコスレベル!」と話題を呼び、プチプラアイシャドウの中でも常に人気の高い商品となっています。

おすすめは「テラコッタブーディー(CS01)」。旬のテラコッタをアクセントに取り入れた、カジュアルにも華やかにも仕上がる万能カラーです。

「可愛い系」はパレット上半分をメインに使用

可愛く仕上げるには、明るさと透明感をポイントにおきましょう。明るいカラーをたっぷり使うと、パールの輝きが際立つ可愛らしい目元に仕上がります。

まず、パレット右上、肌なじみのいいシャイニーカラーをまぶた全体に乗せてください。目元をトーンアップしたら、パレット左下の鮮やかなアクセントカラーを使いましょう。目のキワに沿って、アイラインのように色を引くのがポイントです。

最後に、左上の明るいベースカラーを涙袋に乗せれば、目元に透明感をプラスできますよ。 

「キレイ系」は右下の締め色を上手く使おう

美人に仕上げるには、締め色を大胆に使うのがポイント

右上のシャイニーカラーをアイホールに乗せた後、右下のダークなシェードカラーを目尻に広げましょう。キワに締め色をしっかり乗せることで、キリッとした知的美人な印象に仕上がります。

さらに、左下のアクセントカラーを下まぶたの目尻側に入れてください。下まぶたにも色味を乗せることで、囲み目によるデカ目効果が期待できるでしょう。 

より華やかに見せたい場合は、左上のベースカラーを目頭側の下まぶたに軽く乗せればOKです。濃淡4色すべて使うことで、立体感のあるキレイ系の目元に仕上がりますよ

excel
リアルクローズシャドウ
¥1,500

キャンメイク「グロウフルールチークスチャイフルール(11)」 

中学生や高校生に大人気、プチプラコスメの王道・キャンメイクの「グロウフルールチークス」。パウダーなのに粉っぽくならず、クリームのようにしっとりとお肌に密着、大人女子にも評判の高い、上質なプチプラアイテムです。

パールやラメを配合しているので、華やかで明るいツヤ感を演出してくれるのも人気のポイント。つまりいいとこ取りチークといえますね。

おすすめは「チャイフルーフ(11)」。肌なじみのいいブラウン・ピンク・ベージュが混ざった絶妙なカラー配分で、美容好きの間では幸せをひきよせる「まろみメイク」と呼ばれています。

キュートながら上品にも決まる、雰囲気別に合わせやすい色合い。一つ持っておくと重宝しますよ!

「可愛い系」は左上の明るい色を中心に使おう

可愛い系に仕上げるには、ふんわり乗せて「照れ顔」に見せるのがポイント。

チーク左上の明るいカラーを中心にブラシへ取り、目の下あたり、楕円形にふんわり色を乗せましょう。頬の上のほう、黒目の下に入れることで、あどけない愛らしさを演出できます。

また、広めに入れるとやわらかく優しい印象に、丸く小さく乗せるとピュアな印象に仕上がりますよ。 

「キレイ系」は下の暗めカラーを使って立体感を演出

美人系に仕上げるには、顔に陰影をつけるイメージでチークを乗せていきましょう。

まずは、真ん中のピンクブラウンとその下のカラーを中心に、ブラシに取っていきます。そして、頰骨の高い位置からこめかみに向かって、ななめに色を入れてみましょう。顔をスッキリと見せ、大人っぽい印象に仕上げることができます。

ただし、入れる位置が下過ぎると老け見えしてしまうので注意。できるだけ上のほうを意識しましょう。

CANMAKE
グロウフルールチークス
¥800


オペラ「リップティント N ピンクレッド(06)」 

オペラのリップティントは、ティントリップの代名詞ともいえる大人気アイテム。

極上の潤い感を実現したルージュは、さっとひと塗りするだけでぷるんとしたツヤと透明感を演出してくれます。 

また、リップケアオイルをベースにしているので、唇の上でスルスル伸びてなめらかにフィット。長時間のデートでもストレスフリーな着けごこちです。 

おすすめカラーの「ピンクレッド(06)」は、赤リップの華やかさとピンク系のナチュラルさがマッチした、絶妙な色合い。やわらかな色気と上品さ、塗り方によってはピュアさも演出できるカメレオンカラーです。

「可愛い系」は指でぼかしてむっちり赤ちゃんリップに

可愛いく仕上げるには、ぷっくりむちっとした唇に見せることがポイント。

リップは唇全体に塗るのではなく、唇の内側中心にだけ付けていきましょう。指でポンポンとぼかすように外側に伸ばし、全体になじませていけばOKです。 

濃淡をつけることで立体的な唇に仕上がり、愛らしいぷっくりリップに見せることができます。

「キレイ系」は輪郭をしっかり縁取って唇から凛とさせていこう

美人に仕上げるには、リップラインをはっきり縁取ることがポイント。シアー発色のアイテムなので、輪郭をしっかり取っても派手にならず、凛とした美人顔に仕上がります。

リップラインは、スティック本体で輪郭を縁取ってもいいですし、リップブラシを使って丁寧になぞっていくのもおすすめ。唇の輪郭がぼやけてしまう人は、コンシーラーなどを使って一度輪郭を消してからリップを塗るとキレイに仕上がりますよ。

OPERA
リップティント N
¥1,500

この記事が気に入ったらシェアしよう

MAKE & STYLE
RANKING

おすすめ記事

RANKING

カテゴリー一覧