恋愛の基本、大丈夫?謎多き男心を心理学観点から徹底解説
love

恋愛の基本、大丈夫?謎多き男心を心理学観点から徹底解説

女性にとって、女心をわかってくれる男性というのはスマートで魅力的に映りますよね。

女性には女性特有の考え方や感じ方があるように、男性にも男性ならではの価値観や思考回路というものがあります。つまり、男心を理解できる女性もまた、男性にとっては魅力的な存在に映るといえるでしょう

男心を知ることが、恋愛上手への近道になるかもしれません

今回は、男心の謎を解明していきます。基本的な男性心理の特徴を始め、よく聞く「男の本音」の真相や、男心を手玉にとるための心理学的恋愛テクニックをご紹介。

今まで男心が分からずに恋がうまくいかなかった女性は、ぜひ参考にしてみてください。


まずは男性心理の基本的な3つの特徴をチェック!

男女 影 本体

男心とは、男性の本能的な感覚や、男性脳特有の思考回路から生まれる心理です。

男心の謎を解明するためにも、まずは、基本的な男性心理の特徴から見ていきましょう。

論理的な思考が強く、すぐに結論を求める

男性は、理屈で物事を考える傾向が強いです。筋道を立て、根拠を挙げて論理的に問題を解決することを好みます。会話にしても、聞き手に伝わりやすいように端的にまとめて話してくる男性が多いでしょう。

よって、本題に関係のない話に飛ぶこと、結論の出ない会話を繰り返すことなどを苦手としています。感情的に話したり、取りとめのない会話をしたがったりする女性の気持ちは、男性には理解ができないのです。

これは会話に限らずメールやラインなどでも同様です。女性はコミュニケーション手段としてラインを使いたがりますが、男性にとっては、要件の見えないやり取りをすることに意味を見出せない場合もあるでしょう。

負けず嫌いで闘争心が強い 

男性には、生存競争に勝ち残りたいという原始的な本能が備わっています。何かにつけて戦う、競うという姿勢は、男性にとってのアイデンティティーでもあるのです。

学校や職場の先輩、後輩、身近な男友達や親兄弟にいたるまで、たくさんの競争相手と競い合って勝ち抜き、認められたいという欲求が強い傾向にあるでしょう。

普段はおっとりしているタイプの男性でも、心の内では周りをライバル視し、日々競争社会の中で奮闘しているといったケースも少なくないかもしれません。

鈍感で、察することが苦手  

男性の場合、人前で泣いたり弱音を吐いたりすることが格好悪いとされる風潮が未だにあります。取り乱したりうろたえたりする男は情けないなどと考える人も少なくありません。結果として男性は感情の波をおさえがちになってしまうのです。

それゆえ「感受性を磨く」「情緒を豊かにする」機会が女性よりも減ってしまうと考えられます。自分の感情や感性に鈍くなると、他人の感情表現にも疎くなってしまうでしょう。

相手の気持ちを察することが苦手になり、女性の繊細な感情の機微にも鈍感になってしまうのです。

女性には理解不能!?「男の本音」の真相を探れ!

男女 手 触れ合う

女性のみなさんの中にも、「女は性格より見た目だ!」「男の浮気は仕方ない」などといった、男の本音といわれるものを耳にしたことがあるかもしれません。

女性からすれば理解不能で、「冗談でしょ?」と言いたくなるような内容も多いのですが、その男の本音も、元をたどれば男性特有の心理が発生源です。

男の本音はどういう心理によるものなのか、その真相を見ていきましょう。

わかりやすく可愛い女子が好き

男性は感情の機微に疎く、女性の繊細さを把握しづらいため、単純でわかりやすい可愛さというものに弱いです。読み取るとこが難しい女性の内面よりも、目に見えてわかる可愛さに惹かれてしまうのでしょう。

女性の性格を疎かにしているというより、内面を察することが不得手なのです

また、常に競争社会に身を置いている男性は、女性に対して癒しを求めている人も多いです。複雑な女心に直面するよりは、ただただ可愛らしい女の子を眺めていたいという心理が働きます。

女性に疎まれるようなぶりっ子女子に限って男性人気が高いのは、そういう男性心理に起因するのかもしれません。

仕事が忙しいと会いたくない

男性は、複数の事柄を同時進行するのを苦手としています。これは、男性の狩猟本能に由来するもので、一つの獲物に集中して狩ろうという狩猟の行動原理からくるものです。

よって、一つの目標を完遂してから次へ取り組むというのが男性の基本姿勢になります。仕事が忙しいといって会ってくれない、連絡がそっけないなどと悩む女性もいるかと思いますが、男性は目の前の仕事を片付けてからでないと、女性のことまで満足に配慮できないのです

相手の女性を無下にしているわけではなく、器用にやりくりできないのだと理解しておきましょう。

女性に目移りするのは仕方ない!?

狩猟本能が働いている男性は、常に獲物に目を光らせる習性があります。恋人がいるのにほかの女性に目移りしてしまうのは、動物的本能によるものと考えられるでしょう。

また、狩猟本能というのは視覚的な刺激を受けると触発されます。外見が美しい女性、性的魅力が漂う女性を見かけると、つい狩りたい気持ちになることがあるかもしれません。

ただ、ほかの女性に目が行っているからといって浮気に直結するとは限りません。いくら本能が触発されても、人間にはちゃんと理性があります。

男性がほかの女性に魅入ってしまうのは本能的なものだとしても、そのまま浮気に走ってしまうかどうかは本人の意志の問題になるでしょう。

基本の男性心理を理解したところで、次は男心を確実にキャッチしていくための恋愛テクニックをご紹介していきます。

この記事が気に入ったらシェアしよう

LOVE
RANKING

おすすめ記事

RANKING

カテゴリー一覧