夢のメリハリボディへ! 育乳しながらキレイに痩せるダイエット法
Looks & Health

夢のメリハリボディへ! 育乳しながらキレイに痩せるダイエット法

「ダイエットをすると胸が小さくなる」というのは、よく耳にする有名な話。

「痩せてキレイになりたいけど、胸まで痩せてしまうのは嫌!」と考える女性は多いでしょう。とくに小さい胸がコンプレックスの女性は、ダイエット自体をためらってしまうかもしれません。

女性はスレンダーなボディに憧れる人が多いですが、男性はふっくらとした女性らしい体型を好む場合も少なくありません。「好きな男性に振り向いてもらいたい!」とダイエットを始めても、バストまで痩せてしまっては、女性としての自信がなくなってしまうかもしれませんよね。

今回は、ダイエットしつつバストアップは可能なのか、理想のメリハリボディーを叶える方法を見ていきましょう!

育乳とダイエットは両立可能? 美バストを保ってスリムになる方法とは

健康的な食事

そもそも、育乳とダイエットを両立させることはできるのでしょうか。

まずは、「ダイエットをすると胸が小さくなる」という話の真相を探っていきましょう。

バストの大部分は脂肪! 通常のダイエットでは胸まで痩せてしまう!?

女性のバストの大部分は、脂肪でできています。

ダイエットの基本は、食事制限や運動で体脂肪を落としていくこと。よって、通常のダイエット法では、必然的にバストの脂肪も落ちてしまうでしょう。

また、脂肪は生命維持にとって重要でない部位から先に痩せていく傾向があります。具体的には、肝臓から遠い部位から痩せていくといわれていますので、お腹やお尻よりも胸の脂肪が先に落ちやすいのです。

ダイエットをするとバストがサイズダウンしてしまうのは、この痩せる順番のメカニズムが大きな要因になっているといえるでしょう。

胸まで痩せたくない! 育乳とダイエットを両立するために守るべきこととは?

一般的なダイエットでは、育乳とダイエットを両立させることは難しいのが現実です。

バストアップしながらスリムな体形を手に入れるには、守るべきポイントがあります。

栄養バランスを心がけた食事

1つは、バランスの良い食事を心がけること

ダイエットをするとなると、摂取カロリーを抑えることばかりに気を取られ、脂質や炭水化物をむやみにカットしがちです。

偏った食生活は育乳にとって逆効果なので、必要な栄養素をしっかり取りつつ、食べ過ぎを控えましょう。

クーパー靱帯は丁重に

2つめは、胸のクーパー靭帯を守ること

女性の乳房は、網状になったクーパー靭帯によって脂肪組織が支えられています。クーパー靭帯は、ちょっとした衝撃でも傷つきやすい繊細な組織。ダメージを受けると胸が下垂したり、形が崩れてサイズダウンしたりするおそれがあるでしょう。

美しいバストを保つため、バストに刺激を与えるような運動は避け、胸の揺れをなるべく抑える方法でダイエットすることが必要です。

肉は落とさず引き締める

3つめは、「脂肪を落とす」のではなく「筋肉をつけて引き締める」ボディーメイクを意識すること

バストの大きさはアンダーとトップの差で決まりますが、ただ体脂肪を落とすダイエットでは胸のボリュームから先に落ちていってしまいます。女性らしいメリハリボディーを手に入れるには、腹部やお尻、腰回りを引き締める運動も取り入れるようにしてください。

育乳しながらダイエットを成功させるための4つのポイント

下着 装着 女性

ここからは、育乳とダイエットを両立するための具体的な方法を見ていきましょう。

ご紹介する4つのポイントを意識してダイエットを続ければ、バストアップしながらスリムになることも夢ではありませんよ!

食事はカロリーよりまず「質」を意識!   

一般的には「ダイエット=食事制限」とイメージしがちですが、食べる量を極端に減らすとバストまで栄養が行き渡らなくなってしまいます。そうなると女性ホルモンの分泌が低下し、乳腺が衰退。胸のボリュームが減ってしまうことに。

ダイエット中でも必要な栄養はしっかり摂取することが、育乳と両立させるための重要ポイント。痩せるために脂質や糖質を極端に摂らないのはNGです。

また脂質や糖質が不足すると「肌にハリツヤが無くなった」「髪がパサパサになってしまった」「疲れやすくなった」など、バストダウン以外にもマイナス部分がたくさん出てきてしまいます。

脂質が気になる人は、良質な脂肪分を選んで摂取すること。

大豆

ナッツ類

オリーブ油

などがおすすめです。とくに大豆は、育乳に欠かせない女性ホルモンの活性化に効果があるので、積極的に取り入れてみましょう。

理想的なボディーメイクのため、炭水化物とタンパク質はできるだけ一緒に摂取しましょう。とくに糖質はエネルギーの元なので、食事の中で摂取するよう心がけてみて。


ただし摂りすぎには注意。あまった分が脂肪となり、肥満に繋がります。また血糖値のバランスが崩れ、さまざまな病気を引き起こす原因にも。何事も「ちょうどよく」が大切です

バストの土台となる大胸筋を鍛えよう!   

バストの脂肪組織は、「大胸筋」という筋肉の上に乗っています。バストの土台となる大胸筋を鍛えることで、全体的なバストのサイズダウンを防ぐことができるでしょう。バストの下垂や型崩れ対策にも効果があります。

ただし、ハードな筋トレをすると胸の脂肪が燃焼してしまうおそれがあるので、無理のない範囲でコツコツ続けていくことが大切です。少ない回数から始めてみたり、負荷がかかりすぎない体勢で行ってみたりと、自分に合ったトレーニングを心がけてみましょう。

大胸筋以外にもお腹や二の腕、太ももといった「自分が引き締めたいパーツ」の筋トレをメニューに組み込むと、飽きにくく続けやすいですよ。

コーティングダンベル 2個セット
2kg ピンク

自分に合ったブラジャーを着用してバストを守ろう!  

育乳ダイエットでは、バストへの刺激を少なくしてクーパー靭帯を守ることが大切です。クーパー靭帯は一度損傷すると二度と元には戻らないため、日々の生活でもバストケアに気を配る必要があります。

まずは、自分のブラジャーのサイズをきちんと見直してみましょう。ランジェリーショップで採寸してもらうと「普段はBカップを着用していたのに、実はCカップが最適だった」「Dカップを着けていたけど、アンダーがしっかりフィットしていなかった」なんてことも珍しくはありません。

正しいサイズのブラジャーを選ぶことが、クーパー靭帯を保護する基本となります。

ほかにも、運動時にはスポーツ用のブラジャーを着用する、就寝時はナイトブラを着けるなど、シーンに合ったブラジャーを使い分けるとクーパー靭帯へのダメージを予防することができますよ。

VISPOS
スポーツブラ

プラスアルファのセルフケアで育乳をサポート!

育乳をサポートするために、ストレッチやマッサージなどによるセルフケアをプラスしてみましょう。わざわざ専用のサロンに通わなくても、自宅で簡単にできるケアで十分効果が望めます。

ストレッチをすると代謝がアップして痩せやすい体質になり、少しの運動量でも脂肪が燃焼しやすくなります。ダイエットをサポートしてくれると同時に、激しい運動をしてバストに負担を与えることも少なくなるでしょう。とくに、肩甲骨周りのストレッチは体全体の血行がよくなるのでおすすめです。

また胸のリンパマッサージをすると、バストアップのカギとなる乳腺と大胸筋の新陳代謝が促進されます。 二の腕がスッキリしたり、デコルテが美しく見える効果もあるので、キレイなボディーラインを作りたい人はぜひ取り入れてみてください。

むなもとのみなもと バストクリーム

ほかにも効果的なバストアップ方法を知りたい方は以下をチェック!

>簡単で効果的なバストアップ法5選

この記事が気に入ったらシェアしよう

LOOKS & HEALTH
RANKING

おすすめ記事

RANKING

カテゴリー一覧