【ダイエット挫折常習者必見】 簡単&楽に続く「ゆる~いダイエット」とは
Looks & Health

【ダイエット挫折常習者必見】 簡単&楽に続く「ゆる~いダイエット」とは

女性なら誰しも一度は口にするのが、「痩せなきゃ」というセリフ。

一度ではなく何度も、いや習慣的に「痩せなきゃ」と言っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、流行りのダイエットは続かなかったり、厳しい糖質制限やパーソナルジム通いはハードルが高かったりと痩せるのは簡単なことではありませんよね。

そこで今回は、誰でも今日からチャレンジできる「ゆる~いダイエット方法」をご紹介していきます。

ダイエット嫌いでもできる!? ゆる~いダイエットとは?

女性 笑顔 二人 帽子

ゆる~いダイエットの方法をご紹介します、とは言ったものの、ゆる~いダイエットとは一体何なのでしょうか。

ゆる~いダイエットとは、

・お金をかけない

・時間をかけない

・体や心に負担をかけない

という3つの考えに基づいた簡単なダイエットのこと。

特に学生時代はお金がなく、月々一万円から数万程度払ってジムやパーソナルジム、また高額なダイエットフードを継続的に購入することは難しいでしょう。

さらにバイトや勉強、友達や恋人との時間を割いてまでジム通いやトレーニングをできる鋼の意思を持つことも難しいですよね。

過度なダイエットはかえって体や心に負担をかけてしまうため、食事を抜いたり運動をしすぎることも危険です。

そこで取り入れたいのが、日常生活のちょっとした習慣を変える、ちょっとしたことを心がけることでできるゆる~いダイエット。

その気になる中身を、さっそく次の項目でご紹介していきます。

小さなことを意識するだけ! ゆる~いダイエット【学校編】

講義 受ける 女子大生 学生

学生が一日の多くを過ごす「学校」

ここでの何気ない習慣を変えることで、一生懸命ダイエットしてはリバウンド……なんてこともなくなります。

まずは、学校生活の中で取り入れたいゆる~いダイエットをご紹介します。

学校でできるゆる~いダイエット
  • 猫背NG! 背筋を伸ばして座ろう
  • 体が歪む!? 肘をつかない
  • 無料で運動できる! 体育を休まない

姿勢の悪さはデブの始まり!? 背筋を伸ばして座る

授業を聞いているとき、ついつい姿勢が悪くなってしまうという人は多いですよね。

しかし、背筋が丸まったいわゆる「猫背」の状態は、筋肉の衰えや体の歪みを作る原因になります。

そのため、「この授業の間は背筋を伸ばして座るぞ」というようなギリギリ守れそうな課題を自分に課し、良い姿勢をキープできるよう心がけてみてください。

意識的に背筋を伸ばすことで、腹筋や背筋といった筋肉の衰えを防ぎ、また見た目も美しくなります

お金や時間をかけないまさに意識するだけのゆる~いダイエットなので、ぜひ明日の授業から取り入れてみてください。

体が歪んでしまう!? 肘をついて授業を受けない

授業の際、机に肘をついている人はいませんか?

実はその行動も、知らずしらずのうちにあなたの体を太りやすいよう変えてしまっているんです。

肘をつくことで体全体が歪み、バランスが悪くなります

体が歪むことによって内臓や骨が正しい位置からずれ、内臓本来の機能や代謝が低下します

特に肘をつくことが習慣化している人は、左右で顔のバランスが違ってくるなど目に見えて歪みが出てくることも。

背筋を伸ばす、疲れても肘をつかない。

この2点を意識することで、体の歪みを防止することができます。

貴重な運動のチャンス! 体育を休まない

学生は授業で体育が入ってくることがありますよね。

寒い、暑い、着替えるのが面倒、起きて学校に行くのがおっくう……。

そんな理由で体育を休んでしまうのは、非常にもったいないです。

たとえば週に一回、ジムに通おうと思えば最低でも5千円から数万円程度の月謝がかかります。

チケット制のジムを利用しても、一回利用ごとに2、3千円はかかるでしょう。

しかし体育であれば月額料金もチケット料金もかかりませんし、友達と一緒に授業を受ければ楽しく運動することができます

単位が必要だからイヤイヤやるのももったいないことです。

体育の授業は痩せられるチャンスと捉え、積極的に参加しましょう!

心がけるだけでカロリーカット! ゆる~いダイエット【食事編】

朝食 ワンプレート 健康 ダイエット

ダイエットにおいて食事が重要であることは言うまでもありません。

しかし、無理な制限や極端なダイエットはかえって体に毒です。

そこでここでは、普段のちょっとした習慣を変えるだけのゆる~いダイエット、食事編をご紹介します。

食事中に心がけたいゆる~いダイエット
  • カロリーカット! ジュースを水に変える
  • 食べ順を意識! 野菜から食べる
  • 美容効果も? よく噛んで食べる

ジュースを水に変えるだけで大幅カロリーカット!

普段自販機で飲み物を買う際、ついついコーラやジンジャーエール、果物系のジュースなどを選んでいませんか?

たかがジュース一本とあなどるなかれ。それが毎日のこととなればカロリーはどんどん蓄積されていきます

ちょっと味気ないなと思っても、自販機では水や無糖のお茶に変えるようにしましょう。

コーラ一本のカロリーは、約225kcal。

このカロリーを消費するためには、約一時間のジョギングが必要になります。

無意識にゴクゴクと飲んでいるジュースを水に変えるだけで、ジョギング一時間分のカロリーがカットできるなら簡単だと思いませんか?

食べ物より食べ順が大事! 最初に野菜を食べる

次に紹介するダイエットも非常に簡単。

食事の最初は野菜から食べることを心がけてください。

え、それだけで痩せるの?と思った人もいますよね。

野菜を最初に食べることの驚くべき効果を、詳しくご紹介します。

野菜を最初に食べることで、血糖値の上昇がゆるやかになる

人間は食事をすると「血糖値」という値が上昇します。これは仕方のないことなのですが、大切なのはその血糖値の上がり方。

いきなり米や肉をどか食いすると、血糖値が急激に上がり、それを体内で下げる過程で血中の糖分が脂肪に変わります

しかし、血糖値の上げ方をゆるやかにしてあげることで、血中の糖分が脂肪に変わりにくくなるのです。

血糖値を急激に上げない食事方法というのが、最初に野菜から食べること

食事はバランス良く取ることを心がけ、なるべく野菜、なければ汁物などの軽めのものから食べるようにしてください。

満腹中枢を刺激&表情筋アップ! よく噛んで食べる

これまた簡単なことですが、「食事をよく噛む」というものダイエットをする上で不可欠です。

よく噛むことのメリットは大きく2つ。

・脳みそが「いっぱい食べたぞ」と勘違いして少量の食事で満腹になる

・表情筋や顎などの筋肉を使うことによる美容効果

よく噛むことを意識するだけで、自然と食べる量が減り、無理のないダイエットができます。

さらに表情筋を動かすことでたるみの予防顔のラインの引き締め効果も期待できちゃいます。

無理に食べる量を減らそう減らそうと意識すると負担になりますが、「よく噛んで食べるぞ」と思えばそこまでキツく感じません。

この記事が気に入ったらシェアしよう

LOOKS & HEALTH
RANKING

おすすめ記事

RANKING

カテゴリー一覧